ホーム > 製品情報
製品情報
NAKAJIMAの高精度技術が、さまざまな自動車部品を生み出す

電装部品

製品中央の絞り部分は寸法公差が厳しく、また電気亜鉛めっき鋼板の為、絞り加工によるめっき剥がれが発生しないように要求された製品です。
銅の素材に材料板厚の2倍以上の高さのしごきバーリングが加工された製品です。
複数のプレス製品を生産し、バネ挿入・ピン挿入まで組み立てられたA'ssy製品です。組み立て自動機設備についても社内設計/製作です。
鍛造工法とシェービング工法を組み合わせ、製品コーナーRを微小に抑えた製品です。
3ヵ所の絞り部分には動力が伝わる為、製品強度に影響する減肉の発生を極力抑えた製品です。
多段絞りの中で、ねじ加工部の板厚において要求のある製品です。
板厚0.25mmのベリリウム銅で、スプリング特性を要求された製品です。
板厚0.05mmの薄板ワッシャーで、バリレスにて加工された製品です。
カール(丸め)工法で製作された製品です。

駆動系部品

ステンレス材の絞り加工製品です。内外径公差が厳しい上に、絞り工法で発生するフランジを発生させない工法によりフランジレスを実現しています。『1社1技術認定品』
複数ある小径バーリング穴位置と、ぞれぞれのバーリング高さが製品機能に影響する製品です。
樹脂インサートモールド用の端子で、樹脂型との勘合による寸法精度も要求されます。

電子制御部品

従来はプレス製品にピンをかしめていましたが、細径絞り加工によりプレス製品一体での量産が可能となった製品です。
樹脂成形品の芯金となる製品です。製品仕様に合わせて絞り工法のものとカール(丸め)工法のものとがあります。お客様の開発段階より、用途に応じた工法提案をさせていただいて立ち上げた製品です。
側面の切り欠き・穴・ボスが有る外観製品で。僅かな傷も許されない製品です。
プレス加工の他に、マイクロTig溶接も社内にて行なっています。従来は手掛けていなかったプレス加工以外の分野にも積極的にチャレンジし、総合的な加工技術力・社内生産技術力の向上を図っています。
インサートモールド用端子を製作し、樹脂成形までを合わせて受注した製品です。
客先よりFETの支給を受け、社内製作の自動機にて先端切断⇒フォーミングまでを行なった製品です。
  • 電装部品
  • 駆動系部品
  • 電子制御部品
エコアクション21環境活動レポート2017年度
このページのトップへ